サンフランシスコ旅行★出国から到着までの流れ&税関申告書の書き方

こんにちは。サンフランシスコで現地個人ガイドをしているmiyukiです♪

海外旅行に行く時、英語の心配や空港での手順など、ちょっとドキドキ不安になったりしませんか? 

空港内には新たな店舗が加わったり、入国先のルールが変わったりと、「以前とは違う!」という経験もあると思います。今回私はその経験をしました。

最近、成田空港からサンフランシスコ行きのANA便を利用したので、今日は出国から到着までの流れ&税関申告書の書き方を紹介したいと思います♪

※2019年9月末に体験したものです。

出国時の流れ

成田空港チェックインカウンター

成田空港での出国の流れを説明しますと↓

  1. 航空会社のカウンターでチェックインして、預け荷物のある場合は荷物を預ける。
  2. セキュリティチェックで身体と手荷物のチェックを受ける。
  3. 出国審査を受ける。
  4. 搭乗ゲートに行く。
  5. アナウンスに従い搭乗する。
チェックイン
パスポート、航空券またはeチケット、渡航に必要な書類を用意します。手続きはカウンターか自動チェックインの機械で行います。※オンラインチェックインされた方はこの搭乗手続きは不要です。
“セキュリティチェック”
貴金属、ベルト、上着、靴などを脱ぎ、PCなどの機器は手荷物から出してカゴに入れX線を通します。
出国審査
パスポートと搭乗券を提示します。
搭乗ゲート
出国審査の後は免税店などでの買物ができます。搭乗ゲートには30分前までに行きましょう。搭乗の際はパスポートと搭乗券を提示します。

機内の様子

ANA プレミアムエコノミーシート

今回私はプレミアムエコノミーだったので、機内でゆったりする事ができました。シートスペースが少し広いだけで、心地良さはかなり違います♪

食事はエコノミーと同じですが、ビジネスクラスに出るものと同じスウィーツを食べる事ができたり、アメニティグッズがもらえるなど、ちょっとしたサービスがあります。

ちなみに、搭乗券に「優先」というスタンプが押されて、セキュリティチェック時はほぼ並ばずに済み、預け荷物にも「優先」のシールが貼られていたので、荷物が早く出てきました♪

機内のセーフティ画面では
歌舞伎の人たちが登場していました♪
スウィーツ美味しかった♪
アメニティグッズのサービス

税関申告書の書き方

機内ではアメリカの税関申告書の用紙が配られます。アメリカ入国時に必要なものなので記入しましょう。

記入例 表側

表側の記入例

「はい・いいえ」の質問

多くの人は「いいえ」と記入すると思います。

私は日本からたくさんの食品を持っていくので、食品を持っているか?の質問は「はい」にチェックをしています。

その場合、到着後に荷物を取った後、スーツケースの中身を1つずつチェックされていましたが、ルールが変わったのかラッキーだったのか、今回はチェックなしで出られました(^^)

渡航訪問者ー米国に残していく物品の総額の質問

渡航者は800ドル、アメリカ住民は200ドル以上になると税金が課されるようなので、金額を記入する際は覚えておくとよいですよ。

しかし渡航者の場合、旅行先のアメリカに何か物品を残す事はないと思うので、記入しなくてもよさそうです。

記入例 裏側

裏側は、申告するものがなければ記入なしでOKです。

アメリカの入国審査

税関申告

アメリカに到着するとまずは入国審査です。

旅行者はVisitorsの列に行きます。

U.S.Citizens (アメリカ市民)、Visitors (訪問者)など、サインがあり列が4つくらいに分かれていました。

機械に自分の情報を入力

1人ずつ機械に自分の情報を入力

パスポートを機械に当てる。

日本語を選択する。

税関申告書と同じ質問があるので、同じように答える。

戸惑っているとスタッフが来てくれるので、心配しなくても大丈夫です!

審査官の元に行き、質問に答える。

質問の例はだいたい

・どれくらい滞在するのか?

・滞在目的は?

・宿泊先は?    など

答えの例はだいたい

10 days

Sightseeing 

・〇〇 Hotel     など。

Baggage Claim 手荷物受取所

預け荷物の受け取り

続いては、Baggage Claim 手荷物受取所です。

まず、どのベルトコンベアに荷物が出てくるのか近くのモニターをチェックします。

今回私が乗ったANAの場合 モニターにSAN FRANCISCO      (便名)NH008    荷物のある場所の数字」が書かれています。

その数字のあるベルトコンベアに行き荷物を取ります。そして出口に向かって終了〜(^^)

ちょっとプチ情報〜
到着後、飛行機から降りたら、トイレは税関に向かう途中と荷物受取所にあります。荷物受取所では、先にトイレに行ってから荷物を取りに行くと大きなスーツケースをトイレの中まで持ち運ばなくてすみますよ(^^)

交通手段(サンフランシスコ市内まで)

出口を出て横断歩道を渡るとシャトルバスとタクシー乗り場があります。

シャトルバス料金

$20+20%のチップで約$24

2人なら合計$48

シャトルバスの難点は、人数(6-7人)が揃わない限り出発しないという事と、自分の降りる番が遅いと30分で着くところが1時間もかかってしまうという事です。

私自身、何度もこの経験をした結果、今は車を利用するようになりました。

タクシー料金

約$50+20%のチップで合計$60

他の交通手段と比較すると1番高くなります。

車での送迎

出口に Door 2, Door 3 とサインがあるので、「到着レベルのドア2(あるいは3)にいます」と伝えると良いですよ。

空港ー滞在先ホテル(サンフランシスコ市内)までの送迎をしているので、事前にお問い合わせ頂けたらお迎えまたはお送り致します(^^)

料金は$40

車移動の中では1番リーズナブルです♪

BART 電車

ダウンタウン中心部のパウエルストリートまでの料金は↓

  • バートチケット $9.65
  • クリッパーカード $9.15

クリッパーカードについてはこちらをご覧ください。

バートの電車で降りた駅のすぐ近くにホテルがある場合は良いと思いますが、人混みの中をスーツケースを持って1ブロックも2ブロックも歩くのはちょっと大変。

サンフランシスコは坂道の多い街としても有名なので、ご参考まで〜(^^)

サンフランシスコへの旅行に興味がある?

サンフランシスコ在住21年以上。人気観光スポットやローカルが好むエリアを熟知しているので、お問い合わせ頂ければ旅のサポートをする事ができますよ。興味のある方は↓

サンフランシスコ個人ガイドツアー詳細はこちら

空港送迎、現地リサーチなど詳細はこちら

グレース大聖堂からのヒーリングプランはこちら

アメリカは遠い異国の地というイメージがあるかと思いますが、そんなに遠くないんですよ♪

航空券はホテルとセットで一緒に予約すればリーズナブルにゲットできちゃいます。リサーチして旅行前からすでにワクワク楽しい気分を味わってみるのも楽しいかも(^^)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です