噂のインポシブル・ワッパーを食べてみた! 植物性の代替肉がファーストフード店に参入!

ベジタリアン、ヴィーガンという言葉が浸透してきたこの頃。様々なベジタリアンフードやヴィーガンフードが世の中に出てきましたね。

ここサンフランシスコは健康志向の高い人が多く、オーガニックフードはもちろん、ベジタリアンやヴィーガンレストランが多く存在しています。普通のレストランでも品数は少なめですがベジタリアンメニューがあったり、お店の人に伝えるとベジタリアンやヴィーガンにカスタマイズしてもらえるので、ベジタリアンの私にとっては有難いかぎりです(^^)

そんな中、植物性の代替肉を作っている2つの会社が勢いをつけており、多くのファストフード店とタッグを組み始めました。今回は、噂のインポシブル・ワッパーを食べてみた感想と、代替肉を扱っているファストフード店を紹介したいと思います。

購入したインポシブル・ワッパー

ビヨンドバーガー、インポシブルバーガーって何?

ファストフード店を紹介する前に、各お店のメニュー名にある「ビヨンド」と「インポシブル」について軽く説明しますね。

例えばSubway サブウェイでは「ビヨンド・ミートボール

Dunki’nダンキンでは「ビヨンド・ソーセージ

Burger Kingバーガーキングでは「インポシブル・ワッパー」という代替肉を使ったメニューになっています。

この「ビヨンド」と「インポシブル」というのは「ビヨンド・ミート」「インポシブル・フーズ」という植物を原料としたお肉を製造している会社で、急成長している注目の2社です。ファストフード店だけではなく、大手のスーパーマーケット、食品店、レストランなどにもミートレスフードを提供しています。

ファストフード店で販売されているミートレス(代替肉)のメニューの名前にはこの2社のどちらかの社名が使用されているという事です。

バーガーキング

バーガーキングのインポシブル・ワッパーを食べてみた!

2019年8月に全米のバーガーキング7000店舗でインポシブル・ワッパーが販売されたという事で、早速、食べてみました!

実際に購入したものが上の写真にありますが、見た目はいたってシンプル。質素といえばそんな感じです。味は普通〜という感じでしょうか。この植物性のパティは主に大豆、イモ、ココナッツオイルなどで作られていて、クセがなく食べやすかったです。

ソースにマヨネーズが使われているのでヴィーガンではありませんが、マヨネーズ抜き、チーズ抜きで注文するとヴィーガンバーガーになるので興味のある方はお試しを♪

Carl’s Jr. カールズジュニアのビーフレスバーガー

カールズジュニア
カールズジュニアにこんなものも?

Carl’s Jr. カールズジュニアでは2019年のはじめにビヨンド・ミートのヴィーガン肉を使ったビーフレスバーガーが販売されました。バンズもヴィーガンなので、あとはマヨネーズとチーズを抜けばヴィーガンバーガーになります。ヴィーガンチーズも取り入れるようなので、何でも気になる事は訊いてみるとよいですよ。

Subway サブウェイのビヨンド・ミートボール

サブウェイのビヨンド・ミートボール・マリナラ

2019年8月にサブウェイの新商品についてアナウンスがありました。アメリカとカナダの685店舗で、9月から期間限定でお肉を使わないミートボールサンドイッチが販売されます。その名はビヨンド・ミートボール・マリナラ。ヴィーガンの方にはヴィーガンのバンズがあるので尋ねてみてくださいね。念の為、マリナラソースはヴィーガンか確認すると良いでしょう。

Dunkin’ ダンキンのビヨンドソーセージ・ブレックファースト・サンドイッチ

ダンキンのビヨンドソーセージ・ブレックファースト・サンドイッチ

Dunkin’ダンキンではテストとしてビヨンドミートを使ったブレックファーストメニューが販売されています。現時点ではマンハッタンの店舗のみの販売。商品名はビヨンド・ソーセージ・ブレックファースト・サンドイッチ。イングリッシュマフィンの中に目玉焼きとチーズ、ビヨンドソーセージが入っています。ヴィーガンの方はイングリッシュマフィンはヴィーガンかどうか訊いてみてくださいね。

McDonald’s マクドナルドのマックヴィーガンとヴィーガンナゲッツ

マックヴィーガン
ヴィーガン・チキンナゲッツ

マクドナルドでは、ヴィーガンorベジタリアンバーガーをアメリカ国内では販売していませんが、他国でヴィーガン商品を販売しています。

マックヴィーガンと呼ばれるヴィーガンバーガーはフィンランドとスウェーデンで販売されており、ヴィーガン・チキンナゲッツはマッシュポテトがベースでひよこ豆、野菜が使用され、これはノルウェーで食する事がでくます。

私の感想

私は年に一度日本に帰るのですが、地元が田舎なのでなかなかベジタリアンやヴィーガンレストランに巡り会う事はありません。東京など都会に行けばそのようなお店が充実していると思いますが、地方では毎回「これにお肉は使われていますか?」とか「〇〇を抜いてください」と言うようになります。

その不憫さと比べると、サンフランシスコの充実したベジタリアン&ヴィーガンライフはとても有難いものです(^^)

多くのファストフード店でも取り扱われ、更に選択肢が広がった事を嬉しく思います。「最近、お肉ばっかりだな。野菜も摂りたいな」と思う方にも良い選択肢になると思いますよ♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です