サンフランシスコ旅行の個人ガイドはおまかせ

【サンフランシスコ】ワクチン接種証明&陰性証明の提示が不要になります

https://miyukitravel.com/wp-content/uploads/2022/03/6186E0CF-8ABC-4D4E-B979-4F278F7026B9.jpeg
miyuki

こんにちは。サンフランシスコ在住23年、現地スピガイドのmiyukiです♪

サンフランシスコでは長い間、公共の建物内に入る際にワクチン接種証明や陰性証明の提示が義務づけられていましたが、その必要がなくなります♪

ワクチン証明&陰性証明提示がなくなる

この度、サンフランシスコとバークレー市で、公共の場で屋内に入るのにCOVID 予防接種の証明や陰性証明を提示する必要がなくなるという発表がありました。

COVID-19の症例と入院が減少し続けているため、このような決定が下されました。

ちなみにサンフランシスコでは大部分の83%が完全にワクチン接種されているそうです。

該当するのは、レストランやバー、ジムやフィットネススタジオなど。

ただし、個人のビジネスオーナーはこれらの都市で決められたガイドラインよりも制限を厳しくするという選択もできるということです。

市がこれらの決定を下しても、個々のビジネスオーナーは自らの判断でお客様や従業員にワクチン接種の証明または陰性検査証明の提示を求めることができます。

この決定により、飲食店などにスムーズに入れるようになりますが、1,000人を超える屋内の「メガ」イベントでは引き続き証明書の提示が必要になります。

マスク着用は?

サンフランシスコでは、マスク着用は引き続き行われます。

ハワイ州では屋内でのマスク着用義務が2022年3今月25日をもって終了するとの発表がありました。

アメリカ全土では、現在のところ航空機や鉄道などでのマスク着用義務は4月18日までとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です