サンフランシスコってどんな街?基本情報

サンフランシスコ街の基本情報

アメリカ西海岸SAN FRANCISCO、海に囲まれた人口約80万人のアメリカ西海岸を代表する大都市です。世界一美しいゴールデンゲートブリッジが有名な街。

国際色豊かな大都会なのに海、公園、森など広大で豊かな自然に囲まれており、個性あふれる街並みが大変魅力的です。

7〜8月は霧がよく発生するので霧の街とも呼ばれていますが、街を象徴する坂道と霧の美しいコントラストも魅力の一つです。

日本からの距離・時差

日本-17時間(夏時間-16)
日本からは成田、羽田、関空から毎日直行便が就航しております。

サンフランシスコならではの見どころ

  • 国際色豊かな多様な文化
  • インターナショナルフード
  • 急な坂道を上下するケーブルカー
  • くねくね道のロンバートストリート
  • TVドラマフルハウスにも登場する美しいゴールデン・ゲート・ブリッジ
  • ユニオン・スクエア
  • フィッシャーマンズ・ワーフ
  • ノース・ビーチ
  • チャイナタウン
  • コイトタワー
  • ジャパンタウン
  • ミッション地区
  • LGBT発祥のカストロ
  • 映画ロケ地も数多く
  • etc書ききれないほどの観光スポットがあります

世界中から移民が集まっているサンフランシスコでは、エリアによって全く異なる個性が溢れており、コンパクトシティでもあるので街歩きで十分に楽しめます。

国際色豊かで美味しい食事や文化などもぜひ一度体験して頂きたい。

現代アート美術館を始め、博物館、ストリート壁画アートも特徴的で、アーティストが集まるエリアなどではステキなお店も多くウィンドウショッピングも楽しめます。

また、地元のオペラ、バレエ、ジャズなどのコンサートからミュージカル舞台まで幅広いイベントが開催されていますので芸術に慣れ親しんで頂けます。

少し足を伸ばせば映画の舞台にもなった有名なワイナリーナパバレー。ぶどう畑を見ながら美味しいワインを楽しめます。日帰りで行ける観光地としても人気を集めております。

ぜひ1泊以上してでも体験して頂きたいのは、「ヨセミテ国立公園」。雄大な景色が広がるサンフランシスコから行ける世界遺産として有名です。

気候

1年を通して温暖な気候に恵まれており、夏の平均気温は20度ほど、冬は10度ほどとどの時期も旅行がしやすく大変人気です。

夏の朝夕は霧が発生することもありますが、雨は少なくリゾートに最適な気候です。

交通機関

サンフランシスコ市内は公共交通機関が発達しており、車がなくても不便がないほど大変便利です。

世界的にも珍しいケーブルカー(路面電車)、ミュニバス(路線バス)、メトロ(地下と地上を走る路面電車)、バート(地下鉄)。

配車サービスのUBER(ウーバ―)、lyft (リフト)はサンフランシスコ発祥ですのでドライバーの数も多く市民の足代わりにもなっています。坂道が多い市内を移動するには場所によってはとても便利で、旅行者にも大人気です。

慣習・マナー・治安

アメリカではチップは収入の一部として考えられているので、サービスに合ったチップを渡す必要があります。

公共の屋内施設、学校、ホテルなど全面禁煙です。歩きタバコもマナー違反ですのでご注意ください。

海や公園など公共施設でビールなどお酒を飲んではいけません。

サイクルレンタルを利用する場合には、歩道を走ってはいけませんので、ルールに従い車道側もしくはサイクル専用レーンを走るようにしましょう。

サンフランシスコはアメリカの中でも比較的に治安が良いと言われています。ただ夜間の外出や危険エリアと呼ばれているテンダーロイン地区、サウス・オブ・マーケット地区は通らないように注意した方が良いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です