カリフォルニアIDと運転免許証に新機能が加わった

こんにちは、サンフランシスコのmiyukiです♪

皆さんはカリフォルニアIDや運転免許証に新機能が加わるという事をご存知ですか? 私はカリフォルニアIDの更新のお知らせが届き、その中で新機能の事を知りました。

今回は、カリフォルニア在住者や運転免許証を持っている人のお役に立つかなという情報を私の体験談と共に紹介していこうと思います。

目次

アメリカ国内での新ルール

 
アメリカのお役所関係の機関といえば
 
・行列は当たり前
 
・何時間も待つのは当たり前
 
・役所の中でも人によって言う事が違い情報収集に苦戦する
 
・スタッフは横柄    など
 
良いイメージがないのが一般的です。
なのでお役所へ行くとなると、ちょっとうんざりする気持ちがわかります。
 
そんな中カリフォルニアIDの更新のお知らせがあったので、行く事になりました。

DMVはいつも長蛇の列

郵送されたID更新のお知らせによると、2020年10月1日から空港などの政府機関を利用する時は政府が発行したカードの所持が必要になるそうです。

  • パスポート(アメリカ国内であっても)
  • ミリタリーID
  • REAL ID

これら1つのの所持が求められます。

REAL IDって何?

カリフォルニアIDやドライバーズライセンスカードに提携される右上のマーク(↓)

このマークがないとただのID、運転免許証なので、国内旅行をする時に飛行機に乗れないという可能性が出てきます。

その為カリフォルニアIDや運転免許証の期限がまだあっても、マークのついたREAL IDに切り替える人が多いようです。

 

カリフォルニアIDと運転免許証のサンプル

REAL IDカードの取得・更新方法

お知らせの書類には3つの方法がありました。

  • オンラインでアカウントを作成し申し込む DMVのホームページはこちら
  • 郵送された用紙に必要事項を記入し、支払い(小切手)を同封して送る
  • 必要書類を持ってDMVオフィスに行く

ただ、初めてREAL IDを取得する人は、DMVオフィスで申し込むようにとホームページに書いてありました。

電話・オンラインでの予約が便利

DMVオフィスに行く際は、事前に予約する事をおすすめします。優先ラインがあるので、予約をしていると長い列に並ぶ事がなく、早めに対応してもらえます。

ですが、、、

今回、旦那が予約しようとしたところ、サンフランシスコのDMVはいっぱいで予約が取れない状態でした。そこで近郊のDMVオフィスを選んでみましたが、なんと待ち時間3ヵ月! 旦那は朝早くから列に並んでも、予約なしでオフィスに行く事を選びました。このような事もありますが、それでも一度予約のトライをするのが良いかと思います。

 

DMVでもらった必要持参書類

REAL ID取得で持参するもの

下の(1)、(2)、(3)の中からそれぞれの書類を持参するというもの。つまり証明できるものを3つ持参という事です。

(1)オリジナルID

  • パスポート
  • アメリカの誕生証明書
  • アメリカへの帰化証明書
  • グリーンカード
  • 労働許可証 など

(2)オリジナルソーシャルセキュリティーナンバー (コピーは認められません)

  • ソーシャルセキュリティーカード
  • W-2フォーム
  • SSA-1099フォーム
  • Non-SSA-1099フォーム
  • 給料明細書 など

(3)カリフォルニア在住者だと証明できるもの

  • 携帯電話など光熱費請求書
  • 医療関係の書類
  • 車庫証明
  • 保険書類
  • 銀行の書類
  • 住宅ローン請求書
  • IRSまたはカリフォルニアFTB Tax Return
  • 不動産証明
  • 学校の書類
  • 政府から発行された書類 など

 

DMV オフィス

私の体験談

オープン30分前に着いたからか、私の前には20人ほどの人がいました。これはかなり良い方。日中は100人超が並んでいるので。

お知らせ用紙に書いてあったように

・現在のカリフォルニアID

・現住所を証明できる郵便物

・小切手(念の為)

・グリーンカード(念の為)

を持参しました。それなのに…受付で即却下! お知らせに記載されているものを持ってきたと言っても聞く耳持たず…

却下されたので、家に帰り必要な書類を取ってまたDMVに戻りました。8:30amに戻った時は、列に40人くらいの人が並んでいましたが、私は予約をしていたので優先ラインに行き、それほど待たずに受付に行けました。

受け取った持参するものの書面には、(1)、(2)、(3)の中から1つずつ合計3つの証明ができるものとありますが、私を却下した人は、(3)の中からは2つの証明書が必要なので合計4つだと言いました。

なので言われた通りのものを持って行ったのですが、再び行った時には別の人が対応して、(3)の中からの証明は1つでよかった。

これ、アメリカのあるあるww

冒頭にも書きましたが人によって言う事が違うんです。

実際に提出してOKがでたものはこちら↓

  • グリーンカード
  • ソーシャルセキュリティーカード
  • 陪審員の書類(政府から送られたもの)
  • 現カリフォルニアID
  • 小切手($31)

ちなみにクレジットカードは受け付けていません。

REAL ID取得・更新の流れ

それでは簡単な流れを書きますね。

(1)必要書類を持参する

(2)機械で申込み内容を入力する

(3)支持された番号の受付に行く

(4)またまた支持された番号の受付に行き支払う

(4)写真を撮る

以上!

※運転免許証の場合は視力検査があります。

更新されたカードは数週間以内に郵送されます(^o^)

感想・まとめ

はじめは却下され、2人のスタッフの言う事が違うという矛盾点がありましたが、今回は1時間半で済んだという奇跡! 過去に5-6時間待った経験と比べるとだいぶ良かったと思います。

郵送された更新用紙に記載されている持参物では不足だったので、DMVのウェブサイトに行きREAL IDの詳細を読む事をおすすめします(^^)

REAL IDの詳細はこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です